既に変質した2ch!個人情報を守る最大の防御かも

1990年代から始まった2chと呼ばれる大型の掲示板サービスですが多くの弁護士や専門業者の対策にも関わらず、個人情報の流出については留まることを知らない状況となっています。

2chがこのように本来の趣旨と異なる方向性を持つ掲示板へ変質したのはいろんな事情もありますが、2chにおいて個人情報に絡んだ被害に遭ってきた方の多くは彼ら自身も2chのユーザーであったと言うことも往々にしてある分けです。

そのため、今後において2chの被害を受けないようにして行くのには、この掲示板を2度と使わないと言う覚悟が必要なのではないでしょうか?それこそが、自分の個人情報を将来に渡って守って行くための最大の防御になって行くことでしょう。

また、2chに類似している掲示板は今後新たに日本にも出て来るかもしれません。しかし、結局のところ個人情報を守れない仕組みを持つ掲示板は長く続くことが出来ませんので、多くのユーザーが靡くことは無いと言えます。

カテゴリー: 逆SEO対策 | 既に変質した2ch!個人情報を守る最大の防御かも はコメントを受け付けていません。

弁護士も警察も2chを良く知らないから!

個人情報の流出に関しては大きな根源になっている2chですが、現在のところは問題のあるレス等を削除するにはスムーズに行かない状況が続いています。そのような状況を分析してみますと、やはり法の整備の遅れによる警察の対応のまずさや弁護士の削除へのノウハウ不足などが挙げられることでしょう。

しかし、削除がスムーズに行かない最も大きな要因とすれば、警察も弁護士も2chに対して非常に理解度が低いことです。確かに一部の弁護士は長年サイバー犯罪に取り組んできたところもあって、2chへの知識が非常に豊富な方も居ますが弁護士全体の数から言えば非常に稀になります。

そのため、常に規制から逃げて行く2chはその仕組みも変化して行っているので、それについて行けるほどの研究量が当事者に求められると言う分けです。悪知恵を持った人間と言うのはなかなか対処に難しいですがもう少し削除に係る人間たちが知識のベースアップを図らないと意味が有りません。

カテゴリー: 逆SEO対策 | 弁護士も警察も2chを良く知らないから! はコメントを受け付けていません。

逆SEOによってコントロール出来る中傷・誹謗の記事レベルは中の上まで!

かなり多くの企業が懸念するほどになっている中傷・誹謗の記事に関しては、多くの企業が逆SEOを使って対策を取ることが通常と言えるでしょう。しかし、現実問題を見てみますと非常にレベルの高い中傷・誹謗記事になるのであれば逆SEOでコントロールすることが非常に難しくなる傾向にあります。

実際に逆SEOでの対策は、中傷・誹謗記事のレベルから行くと中の上クラスに対しては非常に有効と言えるでしょう。それでは、ハイレベルな中傷・誹謗記事になりますとどのように処理すべきかと申しますと、このようなレベルでは大変深刻なプライバシー侵害となっていることも多いので直接的に検索エンジン対して検索対象に含めないように請求することも可能となる分けです。

つまり、すべての中傷・誹謗記事のすべてが検索エンジンによって放置される分けでなく、極めて重大なものに対しては意外にもきちんとした処置がなされると言えるでしょう。まずは諦めずに請求してみてください。

カテゴリー: 逆SEO対策 | 逆SEOによってコントロール出来る中傷・誹謗の記事レベルは中の上まで! はコメントを受け付けていません。

2chで最も恐ろしいのはレスの問題動画を挿入されること!個人・企業に限らず大打撃に!

2chは近年において個人情報の扱いの拙さが浮き彫りになっていますが、その大きなものとしてレスへの個人情報やプライベート画像への挿入が主だったものでした。しかし、最近では個人情報の暴露は更に悪化している傾向にあって、問題動画を挿入させることも時折存在しています。

動画の場合は非常に問題になりやすい画像よりも更に深刻で、その多くは動画サイトにアップロードされた後に2chのスレッド内のレスの一部にリンクされることが一般的です。しかし、個人を中傷する動画になりますと性的なコンテンツを含む場合もあって、一度でもアップロードされると保存される危険性が高くなるでしょう。

2chのレスからは動画コンテンツは比較的短期間に削除されることが多いのですが、動画は非常に注目を浴びやすいコンテンツであるために2chのレスに上げてしまった張本人の意図に反して一人歩きして行くこともあります。そのため、2chにおける暴露で最も怖いのは個人情報の含まれた動画になるのです。

カテゴリー: 逆SEO対策 | 2chで最も恐ろしいのはレスの問題動画を挿入されること!個人・企業に限らず大打撃に! はコメントを受け付けていません。

関連キーワードの削除に関して外国の企業に依頼するのは妥当?

個人・法人に関わりなく、精神的にも経済的にもちょっと悪い影響を与えることも多くなった関連キーワードですが、実は日本だけでなく色んな国にも同様の削除のためのサービスは存在しています。ネットにおける仕組み自体は変わらないので、基本的に関連キーワードの言語が異なっても削除自体は出来るはずです。

この理論であれば関連キーワード対策を外国業者に頼んでも基本的に問題ないように思えますが、課題として残るのはその企業が本当に信頼できる企業であるかどうかになるでしょう。つまり、外国業者であっても日本人の顧客と良好なコミュニケーションが取れるかということになり、実際に外国の業者と価値観が合わずにトラブルになる業種は数多く存在するからになります。

外国の業者であっても日本向けのサービスにしっかりとした実績があれば良いですが、そのこと自体を確かめるのが至難の業でして外国の企業に委託するのが妥当かどうかは非常に判断に迷う所でしょう。

カテゴリー: 関連検索 | 関連キーワードの削除に関して外国の企業に依頼するのは妥当? はコメントを受け付けていません。

逆SEO以外で中傷・誹謗記事に断固立ち向かうのであれば警察に通報することもできる!

個人や法人を問わずに中傷・誹謗に関する情報への対策は非常に大きな悩みの種でして、とりあえずは逆SEOにて対処しているのが現状です。しかし、これも徹底排除という方法にはなり得ないために、結局は情報そのものをネットスペースから削除すると言う対策に転換させていかないといつまで経っても幕引きが出来ません。

実はネット上における中傷・誹謗はその内容によって、刑事罰に当たると認識されることもあるでしょう。個人などで最も多いのは名誉棄損になりますので、警察に通報までは行かなくても相談に行って見てもらうことも可能となります。また、法人などの営利目的を負った事業体になりますと業務妨害が疑われるので通報することも良いでしょう。

さて、警察に相談に行く場合は各地方にある警察署になると、人口規模によってIT系の犯罪の相談には乗ってもらえないことも多くなります。そのため、各都道府県の警察本部に行って事情を話してみると良いでしょう。

カテゴリー: 逆SEO対策 | 逆SEO以外で中傷・誹謗記事に断固立ち向かうのであれば警察に通報することもできる! はコメントを受け付けていません。

関連キーワード削除のサービスをセレクトするにはプランを良く確認!

悪いイメージが付きやすいネット検索でしばしばみられるネガティブな関連キーワード。現在の実際の状況を見てみますと、かなり多くの業者によって対策が取られていると言えるでしょう。ただ、業者のセレクトについてはネット上で最初にヒットしたものから順に無条件にサービスを利用して行くとまず失敗するでしょう。

関連キーワードの削除業者も一般の商品購入やサービス利用と同じく、削除に関するプランを徹底的に検証することを怠ってはなりません。確かに同じようなサービスを提供する業者が多いものですが、削除する方式などは業者もアップデートをしているものです。

ネットの業界というものは現段階で最も良いプランを持つ業者を確認して選んでも、数か月後には更に良い削除プランを充実させている業者が居るという世界になります。たとえ面倒であっても、関連キーワード対策を常に行っていくには良いプランをもっているサービスを毎日でも探すようにして費用削減に努めてください。

関連検索ワード削除の安心できるサービスとして評判なのが、関連キーワード削除サービス。お気軽に相談してみましょう。

カテゴリー: 関連検索 | 関連キーワード削除のサービスをセレクトするにはプランを良く確認! はコメントを受け付けていません。

類似サイトには注意する

逆SEO対策を行っている業者の中には、料金だけ取って対して対策をしないような業者もあります。理由を聞いても、逆SEO対策は必ず成功するとは限らないなどと言ってくることが多いでしょう。しかも相談だけして依頼を断ると、逆に誹謗中傷を書き込まれてしまう可能性もあるのです。
そうなったらせっかく誹謗中傷対策や風評被害対策を行うためにやったことが、もっと風評被害を広めてしまうことになるでしょう。まずは最初の業者選びが重要になります。大切なことは、業者の情報がきちんと書かれているか、問い合わせフォームや依頼フォームの個人情報保護がしっかりとできているかという点です。
そして設立された日からの年数と実績、評判や口コミも参考にしておきましょう。問い合わせは確実に行い、問い合わせの段階で住所や電話番号などの個人情報を入力する必要がある場合には止めておくべきです。通常はメールアドレスと氏名だけで問い合わせは可能になっていますし、氏名は匿名でも可能になっていることが多いでしょう。

カテゴリー: 逆SEO対策 | 類似サイトには注意する はコメントを受け付けていません。

検索エンジンの性質を知る

“逆SEO対策を行うためには、検索エンジンの性質をしっかりと理解しておく必要があります。しかし、検索エンジンというのは日々進化していて、以前のような対策では逆SEOができないという場合もあるのです。風評被害対策や誹謗中傷対策を自分で行うのはかなり難しいですし、変な知識を身に付けてしまうと逆効果になってしまいます。
通常のSEOであれば、失敗してもアクセス数がゼロになるだけで、マイナスの影響を受けることはありませんが、逆SEO対策の場合には違います。間違った対策をしてしまうことで、風評被害を拡大してしまう結果になる可能性もあるのです。だからこそプロの業者に依頼しないと、風評被害対策や誹謗中傷対策は難しいと言われています。
検索エンジンの順位というのは、更新頻度と検索エンジンに表示された時期、外部リンクと内部リンクによって決められるのですが、大前提によいサイトが上位表示されるのです。悪いサイトイコール誹謗中傷が書き込まれているサイトではないので、SEO対策が万全な2チャンネルのような掲示板が上位表示されるのです。

カテゴリー: 逆SEO対策 | 検索エンジンの性質を知る はコメントを受け付けていません。

個人を狙った誹謗中傷

誹謗中傷は企業や有名人だけではなく、一般の個人を狙って行われることもあります。例えば芸能人やスポーツ選手、政治家のように、実名を後悔していないのにインターネット上に自分の個人名で誹謗中傷が行われていた、住所や電話番号などの個人情報が勝手に公開されていたなどがあります。
企業や有名人には弁護士も積極的に対応しますが、個人に関してはしっかりと対応しない弁護士、削除依頼をしても応じない検索エンジン業者や掲示板の管理人なども多いので、逆SEO対策が効果的です。逆SEO対策をするときに選ぶ業者は、個人にもしっかりと対応しているということを宣伝しているような業者がおすすめです。
中には個人を狙った悪質な業者もあるので、評判や口コミもしっかりと調べなければいけません。そうしないと風評被害対策や誹謗中傷対策が全くできないだけではなく、どんどん拡散されてしまうので、早めに対策を打つ必要もあります。逆SEO対策業者では、掲示板やブログ、SNSなどの対策も打てるので、個人を対象とした誹謗中傷が行われた場合には、まず逆SEO対策業者を頼るべきでしょう。

カテゴリー: 逆SEO対策 | 個人を狙った誹謗中傷 はコメントを受け付けていません。